« 参院選2 | トップページ | 飯田で生きている、あの「三国志」の人形たち »

いいだ人形劇フェスタ

 国内最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ2016」が8月2日から7日まで飯田市周辺で開催されます。国内外のプロ劇団、アマチュア劇団が大集合し、6日間にわたり138会場で約530公演が行われます。
 いいだ人形劇フェスタのずっと変わらないキャッチフレーズ(基本理念)は「みる、演じる、ささえる」。全国、世界から訪れる人形劇人のステージを観て楽しむとともに、地元の大人や子どもが自分たちで人形劇を演じたり、またスタッフとなって開催を支えます。毎年、人形劇人と市民が力を合わせてつくり上げるイベントです。多くの人形劇人の間に「夏は飯田」の合い言葉で定着し、市民あげてそれを歓迎します。

 公演は大きく分けて「ワッペン公演」と「有料公演」があります。このフェスタの特徴の1つがワッペン方式で、演じる人形劇人も(プロもアマも)、観客も、みんなが参加証ワッペン(700円)を購入する形で参加料を払って参加します(3歳未満は不要)。ワッペンをつけていれば、一部の有料公演を除くほとんど大半の公演を観ることができます。多くのプロの人形劇人も、公演で収入を得るのではなく、逆に参加料を払って参加し、市民や他の人形劇人との交流を楽しむために飯田に来ていると知ったら、ほとんどの人が驚くでしょう。
 もう1つの特徴が飯田市ならではの地域分散方式で、かつて独立した町村だった市内各地域や周辺町村の公民館、学校など、さまざまな会場で公演が行われます。

 有料公演は全36公演で、参加証ワッペンと公演チケットの両方が必要です。当日券は各会場で販売します。
 有料公演の参加劇団は次のとおりです。
 ヨウカイ劇場(フランス)、ポーランド・日本国際共同制作プロジェクト、トレイン・シアター(イスラエル)、カオニャオ(ラオス)with栗コーダーカルテット、トム・リー(アメリカ)&五代目西川古柳、エル・パティオ・テアトロ(スペイン)
 愛知人形劇センター・いいだ人形劇センター共同制作、かわせみ座、人形劇団ひとみ座、人形劇団クラルテ、総合工作芸術家だるま森+えりこ、sound office 音旅舎、くわえ・ぱぺっとステージ、人形師飯田美千香(百鬼ゆめひな)、木偶舎、人形劇団プーク、ベビー・ビー、人形劇団ののはな、人形芝居燕屋+吟遊打人、やまねこ座―人形劇工房、糸あやつり人形劇団みのむし、西川禎一おひとり座、人形劇団京芸、劇団にんぎょう畑、劇団くるま座、影絵人形劇団むむのこ、人形劇団むすび座、よろず劇場とんがらし、ホケキョ影絵芝居、人形劇団ココン、わけちゃんとBUNちゃんとゆかいな仲間、人形劇団ひぽぽたあむ、お伽ラッパ、人形劇団夢知遊座&人形劇団すずきじゅく、JIJO

 有料公演でなく、参加証ワッペンだけで観られる専門劇団は次のとおりです。
16080101 ステファン・プリン(ドイツ)、弘宛然古典布袋戯団(台湾)
 あがりえ弘虫、人形劇団あっけらかん♪、江戸糸あやつり人形、人形芝居えびす座、人形劇団えりっこ、切り絵芸人ブラックマスク、人形劇団くりきんとん、くりくりワールド、グレゴの音楽一座、人形芝居・桜座一家、情熱の福わじゅつ師やないあつ子、人形劇団じろっぽ、すぎのこ芸術文化振興会、想造舎、人形劇だん大福、人形劇団たたくファミリー、人形劇場だぶだぶ、魑魅魍魎絵巻実行委員会、茶問屋ショーゴ、人形劇ちんどん、ツヂバデルコ、デフ・パペットシアター・ひとみ、人形劇団だむならん、人形劇・トロッコ、人形劇団とんと、劇団虹色どんぐり、バーバラ村田、俳優館、げきだんはてな、人形劇団パン、ハンガ~マン、人形劇団ばんび、P.ことり座、ふくろこうじ、ぷろぷろ劇団、ポポルの一座、ほんわかシアター、マーガレット一家、マイムトループ・グランバルーン、ましゅ&Kei、街のお楽しませやさん梅ちゃん、劇団むう、ムンドノーボぽこブヨ~ダン、山添真寛、山本光洋、ゆい・パペットシアター、指人形笑吉、Puppet Theater ゆめみトランク、人形劇団わにこ
 このほか全国から多数のアマチュア劇団、学生劇団が訪れ、地元からも小中高生から大人まで多数の劇団が参加します。

 今年のおもな日程は次のとおりです。
 2日(火) オープニングセレモニー、9:30から20:30開演の26公演
 3日(水) 9:30から20:40開演の53公演
 4日(木) 9:30から20:40開演の72公演
 5日(金) 9:00から21:30開演の128公演
 6日(土) 9:00から22:30開演の163公演
 7日(日) 6:30から15:00開演の91公演

 6日は昼前から夜にかけて中心市街地で「飯田まつり」(第35回飯田りんごん)が開催され、夕方には歩行者天国で人形劇人わいわいパレードがあり、人形や人形劇人と気軽に触れ合うことができます。写真は2011年のパレードです。

 こちらがいいだ人形劇フェスタ公式ホームページです。また、こちらがフェイスブックです。
 ただ、このホームページ、公演スケジュールと会場、ワッペン販売所などの情報がどこにあるのか、ちょっと(かなり?)見付けにくいです。公演スケジュールはページ左側の目次で「今年のフェスタ」を開き、「上演プログラム」コーナーを見てください。会場の場所は、同じくページ左側の目次で「交通アクセス」を開き、「上演会場紹介」コーナーを見てください。
 ワッペン販売所はホームページのどこにも書いてないような気が…あっ、ありました、有料公演ガイドのPDFに(こんなの誰が見付けられるんだ?)。飯田駅観光案内所、まちなかインフォメーションセンター、飯田市役所、飯田文化化会館、中央図書館、川本喜八郎人形美術館、かざこし子どもの森公園、各地区の公民館、市内各地の協力店などで販売しています。
 詳しいことは公式ガイドブックを見るほうが分かりやすいです。スケジュール、会場(マップ)、参加劇団紹介のほか、観光ガイドも載っています。上記ワッペン販売所などでお問い合わせください。

   ☆   ☆   ☆

 「いいだ人形劇フェスタ」の前身の「人形劇カーニバル飯田」は1979年、国際児童年に合わせて第1回が開催されました。飯田周辺は昔から地芝居や人形浄瑠璃が盛んで、今も伊那谷4座と呼ばれる黒田人形(飯田市上郷)、今田人形(飯田市龍江)、早稲田人形(阿南町)、古田人形(箕輪町)が地域の伝統芸能として続いています。カーニバルはそうした土地柄を土台に、全国からプロ・アマ問わず多くの人形劇人を迎えて開催を続けました。10周年を迎えた1988年には、海外劇団を迎えて世界人形劇フェスティバルを併催し、飯田市はウニマ(国際人形劇連盟)本部のあるフランスのシャルルヴィル・メジエール市と友好都市提携を結びました。
 人形劇カーニバル飯田は20周年を区切りにその後のあり方が検討され、1989年から、いいだ人形劇フェスタとして再出発。行政(飯田市)の関わりが強かったカーニバル時代より、行政が一歩引いて、人形劇人と市民が主体となって現在まで運営しています。

« 参院選2 | トップページ | 飯田で生きている、あの「三国志」の人形たち »

観光おすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602624/63994799

この記事へのトラックバック一覧です: いいだ人形劇フェスタ:

« 参院選2 | トップページ | 飯田で生きている、あの「三国志」の人形たち »