« 参院選 | トップページ | 参院選2 »

本物の星空を見たことがありますか?

 今日は七夕。でも七夕は年に3日あります。7月7日、月遅れの8月7日、そして旧暦7月7日(今年は8月9日)です。
 国立天文台は現在、旧暦(太陰太陽暦)にもとづく七夕を「伝統的七夕」と呼び、星空の観察を呼びかけています。国立天文台ホームページの説明によると、伝統的七夕の日は「二十四節気の処暑(太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(新月)の瞬間を含む日から数えて7日目」と決められています。「何それ?」と思うような定義ですが、要するに旧暦の7月7日です。
 新暦の7月7日は梅雨の末期で星が見られないことが多いため、国立天文台は2001年から伝統的七夕の日をアピールし、「明かりを消して星空に目を向けてみましょう」と呼びかけています。梅雨明け後で晴天率が高いことに加え、旧暦だから7日は必ずわりと早く月が沈み、星空の観察には絶好の夜になります。2011年からは「伝統的七夕ライトダウン」のキャンペーンも行っているそうです。

 私が子どもの頃から親しんできたのは、8月7日の月遅れの七夕でした。ちょうど夏休み中で、自分で笹を取ってきて、里芋の葉の上にたまった水を集めて墨をすり、七夕飾りを作ったりしました。七夕だからといって特別に星空の観察をした記憶はありませんが…

 さて、今年は2、3日前からもう梅雨が明けたかのような夏空で、今夜はきれいな天の川が見られそうです。…と書いたものの、本当に本物の天の川が見られる場所、今の日本にどれくらいあるのでしょうか? もしかすると、生まれてから一度も本物の天の川を見たことがない、本物の星空を知らないという人も少なくないのではないでしょうか?
 きれいな星空を見るためには、まず余計な光がなくて暗いこと、そして空気中のほこりや水蒸気が少なくて空気が澄んでいることが必要です。信州はこうした場所が多く、近年、観光向けに星空の美しさを積極的にアピールしているところもあります。
 飯田近辺では、阿智村が「スタービレッジ阿智」を名乗り、「天空の楽園・日本一の星空ナイトツアー」を実施しています。なぜ「日本一」の看板が許されるのか、という話は後述。富士見台高原ヘブンスそのはら(スキー場)のゴンドラで標高1400m地点まで上り、満天の星空を楽しむことができます。今年の開催期間は4月16日から10月15日まで(ただし5月23日~7月8日、9月20~30日はゴンドラ運休のため休止)。また4月から11月までの間、この星空ナイトツアーがない期間には、昼神温泉宿泊客向けの星空バスツアーがあります。こちらが日本一の星空ナイトツアーのホームページです。今日と明日の夜は、山上で七夕特別企画の「星の音楽会」があります。
 また飯田市上村のしらびそ高原は、夏季なら標高1900mの山上まで車で行けるため、天文ファンに人気のスポットになっています。特に流星群などのある時には多くの人でにぎわいます。時々、星見会なども開催されます。こちらは山上の宿泊施設ハイランドしらびそのホームページです。なお、この近くに御池山隕石クレーターがあるのですが、その話はまた別の記事で。

 さて、阿智村の星空がなぜ「日本一」を名乗れるかというと、その根拠は環境省の全国星空継続観察(スターウォッチング・ネットワーク、1988年夏~2013年冬)で、2006年夏、阿智村浪合の銀河もみじキャンプ場が「夜空の明るさが星の観測に適していた場所」の第1位になりました。
 この観察は、天頂付近を撮影した写真をもとに、どのくらい空が暗いかを比較するもので、阿智村浪合は23.7等級でした。この数字で第1位になれたのはちょっとラッキーで、2008年は23.8等級と数字ではわずかに第1位の年を上回ったのに、順位は第10位でした。ちなみに過去最高は小笠原父島の25.1等級(2010年)で、続いて島根県津和野町日原天文台の24.6等級(同)、沖縄波照間島の24.5等級(2008年)、福井県大野市自然保護センター観察棟の24.4等級(同)などの記録があります。
 銀河もみじキャンプ場では来週の16日(土)、17日(日)にスターナイトウォッチングが開催されます。こちらが銀河もみじキャンプ場のホームページです。

 全国星空継続観察の過去の記録を見ると、上位に多いのは天文台のある場所や離島です。それに対し飯田近辺は、街から少し足をのばせば行ける範囲内の場所で、わりと気軽にきれいな星空を楽しむことができます。ちょっとした山の上やキャンプ場など、多くのスポットがあります。
 ぜひ一度訪れて、子どもさんに本物の星空を見せてあげてください。きっと感動すること間違いなしです。

« 参院選 | トップページ | 参院選2 »

観光おすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602624/63883124

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の星空を見たことがありますか?:

« 参院選 | トップページ | 参院選2 »