« 本物の星空を見たことがありますか? | トップページ | いいだ人形劇フェスタ »

参院選2

 前回の参院選の記事で「アベノミクスはそろそろ限界で、いずれ行き詰まる」と書きました。わざわざ説明するまでもないのですが、なぜ行き詰まるのか、一応書いておきます。
 年金積立金の大量市場投入などによる「官製相場」(株価つり上げ・維持)は禁じ手で、本来やってはいけないことです。また日銀の「異次元の金融緩和」(国債の大量買い取り、マイナス金利)は奇策で、円安誘導の効果が長く持続するものではなく、異次元にはどこかで出口が必要です。
 この3年余、多くの国民がアベノミクスに期待を持ったことは事実です。リーマンショックと東日本大震災の後、1ドル80円前後の異常な円高や景気低迷に苦しみ、そういう禁じ手・奇策にでも期待せずにいられない心境だったのは、私自身、実感としてよく分かります。しかし、アベノミクスの有効期間はもう終わりつつあります。

 昨年12月まで1年ちょっと続いた1ドル120円前後の過剰な円安は終わり、今年1月から円高方向に進んで、現在は100円台です。これによって輸出企業のバブル景気は終わり、実力相応の適正規模に戻ります。トヨタの社長が5月の決算発表で「潮目が変わった」と発言したことは多くの人が覚えているでしょう。次期は4割の大幅減益を見込み、この間の高利益は「為替による追い風参考記録」だと述べました。
 輸出製造業だけでなく農林水産物・加工食品の輸出額7452億円(2015年)も、和食ブームによる実際の増加もありますが、円安によって額がふくらんだ部分があり、このまま増え続けると思ったら大間違いです。インバウンド増加や爆買いも昨年までの円安の効果で、今年に入って潮が引いています。
 円安によって輸入品(食料品など)の価格は上がりました(インフレ効果)が、それも終わります。
 安倍首相は今までの都合の良い数字はアベノミクスの成果だと言い、これからの都合の悪い数字は円高のせいだと言うでしょう。今から目に見えるようです。

 日経平均株価は昨年夏の2万円超をピークに、現在は1万5千円台に下がっています。また今朝のニュースで、国内株式市場の今年上半期、海外投資家は4兆7410億円の売り越しと伝えられました。
 株価下落のため、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年度、5兆円超の運用損を出しました(公式発表は参院選の後)。安倍首相は「安倍政権になってから運用益を37.8兆円上げた」と言って自慢し、長期的な視点で考えるべきだと言いますが、この問題はいくら得した損したというだけでは済みません。
 GPIFの資金は巨大で、それが株式市場に投入されれば株価が上がります。GPIFが株をたくさん買えば買うほど株価が上がり、資産評価額が上がって自分が儲かるわけで、こんなうまい話はありません。しかし、これには落とし穴があります。何らかの要因でひとたび株価が下落に転じた時には、持っている株は一度にまとめて売るわけにいきません。売ればますます株価が下がり、下手をすれば一気に日本発の世界恐慌を引き起こす危険すらあります。うまく小出しに売り抜けて損を飲むか、そうでなければ何もできずに資産が減るのをだまって見ているしかありません。
 GPIFは2014年10月に運用ポートフォリオ(資産構成割合)を見直し、国内債権60%→35%、国内株式12%→25%、外国株式12%→25%、外国債券11%→15%としました。2015年末の運用状況は、国内債権37.8%、国内株式23.4%、外国株式22.8%、外国債券13.5%、短期資産2.6%。国内株式の割合は上限の25%に近づいており、もっと買って株価を支えようと思っても、もう限界です。
 今までの日本の株高が官製相場だったことが明らかになれば、日本株が信用を失って海外投資家が一斉に資金の引き上げに走るでしょう。万一、日本政府の判断でGPIFに先に売り抜けられたら、自分たちが大損してしまいます。そんな危険なところに大事な資金を置いておけませんから。
 だから官製相場は禁じ手なのです。37.8兆円の運用益は一時のバブルで、5兆円の運用損は根本的なリスクの現れ。国民の財産である年金積立金の運用が不安定なのも問題ですが、それ以上に日本市場の信頼性を損なう危険があるというのが大きな問題です。

 日銀の「異次元の金融緩和」の柱である国債の大量買い取りも問題があります。6月21日(公示前日)の日本記者クラブ主催の党首討論会で、記者から「国債を日銀が3分の1も買い取って、これからも増やしていくのが真っ当な政策か? どう破綻なく管理していくのか?」と聞かれ、安倍首相の答えは「金融政策は日銀が決めること。国債を買うか何を買うか、日銀が判断することで、私が言うべきことではない」。これで本当に大丈夫でしょうか?

 政治家がアベノミクスのリスクを知らないというなら馬鹿だし、知っていて隠しているなら犯罪的です。もしもリスクが現実のものになって、日本経済が坂を転げ落ちて大変な事態になった時、その時になってから今の与党の国会議員が全員切腹したところで、日本を救うには何の足しにもなりません。命を懸けるなら今やれ! と言いたいです。

« 本物の星空を見たことがありますか? | トップページ | いいだ人形劇フェスタ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602624/63885963

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選2:

« 本物の星空を見たことがありますか? | トップページ | いいだ人形劇フェスタ »